本文へ移動

会社案内

挨拶

 開明伸銅は黄銅異型棒とアルミ形材を通していつも社会を見つめてきました。新世紀を迎え、時代のスピードが加速する中で常に変革を繰り返し60余年の歴史を築き上げてきました。
 設立当初より多品種少量生産体制を確立し、高度な技術力をベースに築き上げたその歴史はお客様と共に築き上げた歴史でもあります。日本経済は21世紀にはいり、低成長の中での経営革新を求められています。その中で開明伸銅のDNAは常により良い製品を供給していく事が第一としています。
 当社では全社員が『夢をつくり、心を育む』の経営理念の下、ものづくりと人にこだわった経営を心掛けています。
 これからも取引先、地域社会との交流を深め、更なる発展に向け邁進して参ります。
                開明伸銅 株式会社
代表取締役社長 岡村 圭一郎
 
 

会社概要

会社名
開明伸銅 株式会社
所在地
〒621-0013 京都府亀岡市大井町並河3丁目10番1号
電話番号
0771-23-6111
FAX番号
0771-23-8811
代表者
代表取締役 岡村 圭一郎
設立年月日
1952年5月21日
資本金
90,000,000円
従業員数
128名(2018年12月現在)
製造品目
銅及び銅合金棒アルミニウム及びアルミニウム合金押出形材

開明伸銅 株式会社 本社/工場

[住 所] 〒621-0013 京都府亀岡市大井町並河3丁目10番1号
TEL 0771‐23‐6111 / FAX 0771‐23‐8811
 
電車でお越しの方
嵯峨野(山陰)線 JR並河駅から 徒歩約7分
嵯峨野(山陰)線 JR亀岡駅から タクシー乗車約10分
車でお越しの方
【京都市内方面より】
国道9号線→京都縦貫道(京都丹波道路) 大井ICを降りて 右折約600m
【大阪方面より】
国道427号線(大阪池田線)より 大垣交差点を左折、国道9号線を 園部方面へ約2km
大井交差点を左折約200m
※インターネットで経路を検索される場合、会社裏に案内される場合がございますのでご注意ください。
 
 
 
亀岡本社へお越しの方はこちらの道案内動画を
是非ご覧ください!
開明伸銅のオリジナルキャラクター
亀治とメェとんが弊社までご案内致します!

開明伸銅 株式会社 大阪営業所

[住 所] 〒532-0011 大阪市淀川区西中島3-21-13 新大阪日新ビル10F
TEL 06-6838-3455 / FAX 06-6838-3773
電車でお越しの方

地下鉄 御堂筋線 西中島南方駅から徒歩約1分

開明伸銅 株式会社 東京営業所

[住 所] 〒111-0035 東京都台東区西浅草2-1-3 開洋ビル
TEL 03-3842-6869 / FAX  03-3842-6874
電車でお越しの方
東京メトロ 銀座線 田原町 駅から 徒歩約4分

沿革

昭和27年5月
 資本金450万円にて設立、事務所を京都市下京区東九条河原町17番地に置く
昭和28年11月
京都市南区上鳥羽尻切町10番地に移転、黄銅棒製造設備の建設を始める 資本金を1,000万円に増資する
昭和29年8月
昭和29年10月

資本金を1,500万円にする

黄銅棒、製品を出荷

昭和35年10月
資本金3,000万円に増資する
昭和36年7月
隣接土地(2,097坪)工場建物(545坪)を買収拡張を行い新地配・溶解工場を新築
昭和42年4月
アルミニウム部門に進出・アルミニウム・アルミ合金の形材製造を行う
昭和49年11月
京都市の都市計画により現在地に本社、工場を移転する
昭和50年4月
資本金を9,000万円に増資する
昭和58年12月
東京都大田区蒲田に東京営業所を開設
昭和60年6月
MEX’85第6回工業器材展覧会参加(於:香港)
昭和63年
東京浅草に営業所移転
平成3年3月
伸銅1,650USTON変更、プラー導入
平成4年11月
平成4年12月

創立40周年を迎える

銅異形棒 製造開始

平成5年
アルミ新製造ライン改進
平成8年
アルミニウム、伸銅品、JIS表示許可をうける
平成14年6月
平成14年7月
平成14年11月

岡村洋子、会長に就任 岡村圭一郎、代表取締役社長に就任

ナマリレス異形棒 製造開始

創立50周年を迎える

平成17年10月
アルミ1800USTON押出機導入
平成20年4月
アルミ冷間引抜製造開始
平成24年11月
創立60周年を迎える
平成27年2月
平成27年4月

ビレット加熱炉新設

研究開発用小型炉導入

経営理念

1、優れた人材

会社経営の肝は「人」です。会社運営において「ヒト、モノ、カネ」といいますが、物を扱うのも、金を扱うのも、人を育てるのも人自身なのです。
私たち開明伸銅は人を育てる事こそ理念を実現するための最高の近道だと思っています。私たちにとって優れた人材とは「成長を続ける人」です。その成長をしっかりと助けていきたいと考えています。
   

2、優れた製品

「ええもん」は関西弁です。一般的には優れた製品を指します。
では何故関西弁で表現したかというと、「ええもん」は特別でなければ駄目なのです。
「ええもん」とは感覚的なものであり、「ありがとう」「ええもんやわ」とお客様から言って頂ける製品を目指します。
    
   

3、優れた納期

約束した納期に納入すると同時に、納期短縮依頼や特急対応を出来る事が優れた納期です。特に特急対応はもっともお客様から「ありがとう」の言葉を頂けます。
一般的に私たちの購入する商品では、この二つを併せ持つことは意外に難しいことです。
私たちは、この二つを共有する納期を目指します。
   

4、優れた環境

環境には多くの意味がありますが、当社にとっては
 ①地球環境に優しい製品づくりをする
 ②地域社会に対してエコの取り組みを推進する
 ③働きやすい環境をつくっていくという3つに取り組んでいきます。

5、優れた関係

私たちは多くの取引先、社員、株主、地域社会と関係づくりをしています。
より良いものづくりを目指すためにはコミュニケーションが重要であり、
こうした関係者の皆さんとの関係構築が重要です。
優れた関係とは
 ①開明伸銅と取引をして良かった
 ②開明伸銅に入社して良かった
 ③一緒に喜び、泣き、感動できる
と感じる事が出来る関係を指しています。

環境経営方針

 

開明伸銅株式会社 環境経営方針

 
基本理念
 
当社は「非鉄金属技術提案業」として環境問題に積極的に取り組みます。京都に生まれ、京都で育った企業として環境問題に取り組み、地域社会との共存共栄を図り、資源の再利用、有効利用を通して国際社会に貢献し、地球環境の保全に努めます。
 
基本方針
 
当社は関連する環境の法規制を遵守するとともに、行政機関・団体・地域等の要請に協力し、事業活動における地球環境の保全に関する方針を以下の通り定めます。
 
1.非鉄金属加工に関する事業において環境に与える影響を削減する為に次の事項について優先的に取り組みます。
  • 生産工程における廃棄物の削減に努めます。
  • 社内での歩留向上に取り組み、電気使用量・化石燃料使用量の削減に努めます。
  • 化学薬品管理体制を構築し、管理に努めます。
  • 節水活動による水使用量の削減に努めます。
  • 資源の再利用を推進すると共に、環境製品開発・販売を積極的に推進します。
  • 環境保全の意識向上の為、教育啓蒙活動に努めます。
  • 加工品事業に取り組み、運賃削減を通した化石燃料使用量を削減します。
 
2.環境マネジメントシステムの確立と継続的改善:
この環境方針に基づいた環境マネジメントシステムを確立し、その継続的改善に努めます。
 
3.環境方針の周知・徹底:
この環境方針を全ての全社員に周知徹底すると共に、当社ホームページ及び文書等を以って一般に開示します。
 
                               2018 年 5 月 1 日
開明伸銅株式会社
                               代表取締役社長  
岡村 圭一郎  
 
 お問い合わせはこちら
TEL. 0771-23-6111
本社受付時間 8:15~17:30
お電話でのお問い合わせもお待ちしております
TOPへ戻る