本文へ移動

A6005C

 A6005Cは日本で開発された合金で、強度はA6063とA6061の間に位置付けられています。
旧名称は6N01で、耐食性や押出加工性も高く、溶接性にも優れているのが特徴です。
 薄肉でなおかつ、複雑な断面形状の型材が得られるため、新幹線や地下鉄などの鉄道車両関係に多く用いられています。押出加工性が高いため、大型の型材でも押出がしやすく、溶接箇所を減らすことが可能です。

取扱い合金

合金番号
記号
特徴
用途例
普通級
特殊級
A6005C
A6005CS
A6005CSS
A6061より若干強度は低いが、複雑な断面形状の薄肉中空形材が可能。
車両用材

化学成分

化学成分

機械的性質

合金番号
質別
引張り強さ
N/㎜²
耐力
N/²
伸び
備考
※ A6005C 
T5
245以上
205以上
8以上
T6
265以上
235以上
8以上
※肉厚6mm以下の場合
TOPへ戻る