本文へ移動

C6782


 

取扱い合金

合金番号
特徴
用途
C6782
(高力黄銅)
マンガンとアルミニウムが少し含まれることによってじん性ができ、耐食性も強いのが特徴です。
熱間鍛造、船舶、鉱山用部品

化学成分

合金番号
Cu
Pb
Al
Mn
Ni
Fe
Sn
Bi
Zn
C6782
(高力黄銅)
56.0~
60.5
0.50
以下
0.20~
2.0
0.50~
2.5
0.10~
1.0
-―
残部
                                                        (重量%)
※C2700、C2800、C3602、C4641、C6782でカドミウム75ppm以下で製造可能です。
※弊社JIS承認製品はC3604正方形および長方形です。

特性(参考値)

合金番号
質別
引っ張り強さ
N/²
伸び
硬さ
HV(5)
切削性
伝導率
IACS%
機械加工性
曲げ性
押出性
C6782
(高力黄銅)
熱間
冷間
581
599
29
28
165
187
30
15.8
70
×
110
注:◎最も適している ○適している △可能である ×不可能である
  機械加工性(快削黄銅=100と仮定する)   押出性(快削黄銅=100と仮定する)

断面形状による製造範囲 最大外接円の直径

合金名
押出のまま
引き抜き
平角
異形
平角
異形
C6782(高力黄銅)
75
75
60
60
(単位㎜)
 

断面形状による製造範囲 最少断面と肉厚

合金名
押出しのまま
引き抜き
平角
異形
平角
異形
面積
²
厚み
面積
²
厚み
面積
²
厚み
面積
²
厚み
C6782(高力黄銅)
24
3
24
3
27
3
27
3
(単位㎜)
 
TOPへ戻る