本文へ移動

C3771


 

取扱い合金

合金番号
特徴
用途
C3771
(鍛造用黄銅)
熱間鍛造や圧印に用いられています。
高圧バルブ、高度な機械的性質を要求される部品、ローターバー

化学成分

合金番号
Cu
Pb
Al
Mn
Ni
Fe
Sn
Bi
Zn
C3771
(鍛造用黄銅)
57.0~
61.0
1.0~
2.5
Fe+Sn
1.0以下
残部
                                                        (重量%)

カドミウム75ppm以下黄銅棒の化学成分

合金番号
名称
化学成分(%)
Cu
Pb
Fe
Se
Al
Zn
Cd
C3771(CdL)
C3771
57.0~
61.0
1.0~2.5
Fe+Sn
1.0以下
残部
75ppm
以下

特性(参考値)

合金番号
質別
引っ張り強さ
N/²
伸び
硬さ
HV(5)
切削性
伝導率
IACS%
機械加工性
曲げ性
押出性
C3771
(鍛造用黄銅)
熱間
冷間
425
445
40
37
142
148
65
25.2
80
90
×
110
注:◎最も適している ○適している △可能である ×不可能である
  機械加工性(快削黄銅=100と仮定する)   押出性(快削黄銅=100と仮定する)

断面形状による製造範囲 最大外接円の直径

合金名
押出のまま
引き抜き
平角
異形
平角
異形
C3771(鍛造用黄銅)
75
75
60
60
(単位㎜)
 

断面形状による製造範囲 最少断面と肉厚

合金名
押出しのまま
引き抜き
平角
異形
平角
異形
面積
²
厚み
面積
²
厚み
面積
²
厚み
面積
²
厚み
C3771(鍛造用黄銅)
24
3
24
3
27
3
27
3
(単位㎜)
 
TOPへ戻る