伸銅(真鍮)・アルミ形材の押出メーカーです。押出形材、棒材、加工品、材料、素材、エコ商品、お気軽にお問い合わせください。

>
先輩社員の声

先輩社員の声

 

2010年入社 / 軽金属製造 / 山下

 

 

現在どんな仕事をしていますか?

 

 私の仕事はアルミの押出工程後の製品や外注加工から戻ってきた製品を

各工程作業者のもとへ運ぶ段取り仕事と、梱包された製品を出荷できるよ

うに荷造りし、トラックへの積み込み作業までを行っています。

 毎日の目標を達成するためにいかに作業者が無駄なく効率よくできるか

常に考えつつ全体に目を配り、次はどこの作業場の交換を行うべきか?

その次は・・・と一連の流れを滞らせないようにしています。

 

 自分の段取りの仕方一つでその日の生産量が変わることもあるので責任

は大きいですが、全てが上手く行えた時の達成感はとても大きいです。

 私のポジションは生産上では何も利益を生み出さない役割です。

しかし、現場にとっては必要なポジションです。上記でも書きましたが

の仕事のやり方ひとつでその日の生産量が変わることもあります。

 自分の舵取りひとつで変わってしまうことに大変さもあるのですが、

い換えれば自分の裁量で結果が左右されるということで非常にやりがい

があります。

 

 私は中途入社でこの開明伸銅に入社をしました。理由としてはモノづく

りに携わってみたいという思いもあり、当社を選びました。

 前職はサービス業だったので畑違いでしたが、当社では社内・社外問わ

ずに勉強会に参加でき、製造に関わる内容はもちろん、経営に関すること

まで内容は多岐にわたります。自分の努力次第で多様な知識と経験を得る

ことが出来ます。また、その努力をきちんと評価をされるのでやりがいを

もって仕事を行えることが出来ます。

 

 

就職活動生へアドバイス

 

 私は、当社に入社してから「なぜ」という言葉を数多く使うようになり

ました。業務内では事柄に対する真因の追究に用いるわけですが、プライ

ベートでも「なぜ」と考えることで興味・関心を持つようになります。

この興味を持つことが大事だと考えます。興味を持った上での情報と興味

がない状態での情報とでは頭に入ってくる量に大きな違いがあることを

までの経験で感じています。

 

 是非色々なことに興味を持っていただければなと思います。またこうし

てホームページを見ていただいたのも何かの縁なので、当社にも是非興味

を持っていただければと思います。

 

 

 

 

 

 2015年入社 / 営業 / 宮本

 

 

現在どんな仕事をしていますか?

 

 私は東京営業所にてアルミ形材、真鍮異形棒の営業販売を行っています。

関西出身ですので、東京での営業活動は非常に新鮮で楽しいです!私の一日

は、朝事務所の玄関掃除から始まり、朝礼、メールチェック等を行うことか

ら始まります。

 

 そして現在担当させて頂いているお客様が約60社程ありますので、1日中

をかけて訪問し、お客様と情報交換、納期調整、新しい案件の打ち合わせ等

を行います。またお客様、上司、先輩方は私より非鉄金属業界で働いている

年数も長いことから、知識や経験も豊富です。その様な方々とお付き合いを

させて頂き日々勉強しながら業務に取り組んでいます。

 

 私が入社した決め手は、従業員の笑顔が素敵で人情味溢れる社内風土を感

じたからです。面接で訪問した時の事務所の方の挨拶がとても気持ちよく今

でも印象に残っています。

 私は今東京にいますが、本社へ戻る時は仕事が終わるといつも現場の先輩

と飲みに行きます。いつも面倒を見て頂き本当に感謝しています。

 冒頭にも話しましたが、私が感じる当社の良いところは、笑顔が素敵で人

情味溢れる社内風土!これにつきます。

 

 

就職活動生へアドバイス

 

 会社説明会には出来るだけ多く行き、面接時は何か良い事を言おう!など

考えずに、笑顔で純粋な心で大きな声でハキハキと話が出来ればOKだと思

います!くじけずに楽しみながら頑張ってください!

 

 

 

 

 

2010年入社 / 企画事務 / 田中

 

 

 

 

現在どんな仕事をしていますか?

 

 

 営業事務。お客様からの注文入力作業や伝票発行作業、電話応対など。

お客様からの注文入力だけでなく、「在庫がなくなったから納期を急いで

欲しい」という急ぎの納期対応などもします。お客様の希望納期に対応で

きて御礼の言葉を頂いたときはやっぱり嬉しいです。

 

 私が開明伸銅に入社し営業事務に就いてから2年目、当社のホームペー

ジがありますが当時はなかなか更新ができず、ホームページを見て頂いた

お客様からの問合せも年に数件ほどで、ほとんど機能していませんでした。

営業事務として集客に携われることの一つとしてホームページでも集客活

動ができるようにホームページからの問合せ件数の増加を目標にしました。

 

 私には全くホームページの知識がなかったので、セミナーに参加して勉

強したり、お客様の目をひくコンテンツを考えたりと、色々なことを試し

ました。1年間活動を行った結果、年に数件だった問合せ件数は100件

近くまで増え新規お取引が10件成立するホームページにまで成長しまし

た。多くの方にホームページを見て頂き、そこから注文にまで繋げる難し

さ、注文を頂ける喜びをこの仕事を通して学ぶことができました。

 また、活動を行った結果部署のMVPに選ばれ表彰して頂き、同じ部署

の先輩方と泣きながら抱き合って喜んだのはとてもいい思い出です(笑)

 

 

就職活動生へアドバイス

 

 当社は元気で前向きな人が大好きです。自分をアピールする場では恥ず

かしがらずに元気よく、自分の長所、頑張っていること、特技など余すこ

となく私たちにアピールして下さい。

 

 

 

 

 

2013年入社 / 伸銅製造 / 鳴松

 

 

 

現在どんな仕事をしていますか?

 

 

 銅を溶かして型に流し込んでビレットを製造しています。原料であるス

ラップを高温で溶解し、鋳型に流して円柱状の材料を成形します。作業

は毎回同じなのですが、その一つ一つに熟練の技が必要となり、今でも先輩

方に教えて頂いています。初めて当社の工場見学をした時から、作業を見な

がら男らしい仕事だなと魅力に感じていました。

 

 また説明会で話を聞いて、運動会や社員旅行等の行事があると知り、仕事

以外でも楽しいことがあるんだなと思いここで働きたいと思いました。

 

 最初の頃は作業が難しくて思うようにいかず悩んでいました。ですが周り

の方々がサポートして下さり、難しい作業も出来るようになり、仕事が楽し

くなってきました。私たちの工程ではまだ製品にはなっていませんが、街な

どでふと自分たちの製品を見つけると嬉しく感じます。

 

 

就職活動生へアドバイス

 

 

 大事な選択なので慎重に選び、ここならやっていけると思う職場を頑張っ

探して下さい。個人的に大切だと思うことは見学された時の会社の雰囲気

と思います。上下関係がどの様な会社なのかを見極めるのは難しいですが

面接の時に聞いてみることだと思います。

因みに当社は部署関係なく、仲が良い職場です。

 

 

 

 

2004年入社 / 品質管理 / 並河

 

 

現在どんな仕事をしていますか?

 

 品質管理課の責任者をしています。社内の品質を上げるために日々様々な

法を考え、製造部や金型課と協力して不良品を作らない活動を行っていま

す。

 クレームが起こってはいけないのですが、クレームが発生した場合、営業

担当者とお客様に折衝やなぜ発生したか原因究明と発生防止対策を行ってい

ます。工場と協力して、そのクレームを撲滅した時は充実した達成感があり

ます。

 

 クレームの発生要因は色々な原因があり、対策を打つのは非常に難しいで

すが、やりがいがあります。クレームが起こっても、無事に問題が解決した

時にお客様に『よくやってくれたね』と褒められる時が一番嬉しく感じます。

 

 

 就職活動生へアドバイス

 

  私は入社するまでに多くの会社を経験してきました。当社も一旦退職してか

ら戻ってきました。ちょっと遠回りしましたが私にとっては良い経験でした。

 どの様な選択をする事になっても、その職、その仕事、その作業に一生懸命

に取り組み、一つ一つを身に付けていけばよいと思います。今も、これからも

全力で頑張ってください。

 

 

 

 

2013年入社 / 金型製造 / 江草

 

 

 

 

現在どんな仕事をしていますか?

 

 

 金型の修正、保守管理。金型のベアリングを綺麗にする。この仕事の難し

所は、金型に何も手を加えていなくても、前回まで問題なく押出ができて

いた製品が上手く押出できなくなることがあります。これについては、未だ

に解決できておらず、永遠の課題です。この現象には頭をかかえていますが

それをどのように解決するかという所にものづくりの面白さを感じます。

 また、押出した時に製品が曲がったりねじれたりして全く使えなくなった

金型を自分で考えて修正し、綺麗な製品となって出てきた時は喜びを感じ、

自分の自信にもなります。

 

 修正室の仕事は地味で難しく、経験が物をいうといった感じです。修正で

は、ベアリングという金型内に流れる溶けた金属のスピードを調節するもの

を触ったり、溶けた金属が流れる掘り込みなどを修正して押出工程や仕上工

程により良い製品を渡すのが仕事です。

 

 この会社に就職してからずっと同じ部署で働いていて、あっという間に6

年目ですが、最初の頃は何をどうすれば修正できるのかが全く分からない状

態で、上司についていくだけしかできませんでした。段々と上司の手から離

れていき、一人で修正した金型を初めて押して綺麗に製品が出たときは、

感動しました。

 

 修正をする上で一番難しかったことは修正の加減です。加減が分からない

為、修正しても上手く出なかったり修正しても形状が崩れたりと色々ありま

した。そういった加減が分からないことをこなしているベテランの先輩方は

やっぱり凄いと感じます。

 

 

就職活動生へアドバイス

 

  慣れないことがたくさんあるかと思いますが、自分らしさを出して何事も

素直な気持ちで仕事に取り組めば、自分を支えてくれる先輩や上司にきっと

めぐり合えるはずです。頑張って下さい。