伸銅(真鍮)・アルミ形材の押出メーカーです。押出形材、棒材、加工品、材料、素材、エコ商品、お気軽にお問い合わせください。

>
>
会社沿革

 

 時代とともに、社会とともに歩み続けた開明伸銅60余年の軌跡です。

昭和27年   5月 資本金450万円にて設立、事務所を京都市下京区東九条河原町17番地に置く
昭和28年 11月 京都市南区上鳥羽尻切町10番地に移転、黄銅棒製造設備の建設を始める 資本金を1,000万円に増資する
昭和29年

 8月 資本金を1,500万円にする

10月 黄銅棒、製品を出荷

昭和35年 10月 資本金3,000万円に増資する
昭和36年  7月 隣接土地(2,097坪)工場建物(545坪)を買収拡張を行い新地配・溶解工場を新築
昭和42年  4月 アルミニウム部門に進出・アルミニウム・アルミ合金の形材製造を行う
 昭和49年 11月 京都市の都市計画により現在地に本社、工場を移転する
昭和50年  4月 資本金を9,000万円に増資する
昭和58年 12月 東京都大田区蒲田に東京営業所を開設
昭和60年  6月 MEX’85第6回工業器材展覧会参加(於:香港)
昭和63年

東京浅草に営業所移転

平成3年  3月 伸銅1,650USTON変更、プラー導入
平成4年

11月 創立40周年を迎える

12月 銅異形棒 製造開始

平成5年 アルミ新製造ライン改進
平成8年 アルミニウム、伸銅品、JIS表示許可をうける
平成14年

 6月 岡村洋子、会長に就任 岡村圭一郎、代表取締役社長に就任

 7月 ナマリレス異形棒 製造開始

11月 創立50周年を迎える

平成17年 10月 アルミ1800USTON押出機導入
平成20年  4月 アルミ冷間引抜製造開始
平成24年 11月 創立60周年を迎える
平成27年

 2月 ビレット加熱炉新設

 4月    研究開発用小型炉導入