伸銅(真鍮)・アルミ形材の押出メーカーです。押出形材、棒材、加工品、材料、素材、エコ商品、お気軽にお問い合わせください。

»
»
ありがとうと言われて

開明ブログ ~ええもんつくろう~

ありがとうと言われて

こんにちは!メェとんです。

お盆休みがあけましたが涼をとってゆっくり休めましたでしょうか?

この夏はどこに行っても暑いので、あまり外出せずクーラーがきいた涼しい部屋で…という話をよく耳にします。

休みあけは体がなまっているかもしれませんので、残暑に負けてしまわないように元気にお過ごしください!

さて、本日もある社員のエピソードをご紹介致します!





 アルミ押出材、黄銅棒を製造している開明伸銅に勤務しているので、

毎日お取引先と電話での納期のやり取りをしています。

お取引先の要望に全て答えられればいいのですが、なかなかそうもいきません。

通常の納期でよかったはずのものが、急ぎになってしまう、または注文のし忘れ等、

色々あります。事務担当者として出来ることは限られていますので、

本社の担当者へ色々とお願いする事も多いです。

 色々と依頼して希望の納期に製品が出荷されると、その事にほっとしてしまい、

つい気をつけているつもりでも、「ありがとうございました」の一言を忘れがちです。

周りの営業の方が、本社へお礼の電話をしているのを聞く度に、自分はどうだったのか気になります。

仕事だから当たり前と思ったら、ありがとうは出ないと思います。

お取引先の方も、「ありがとう」を言って下さると気持ち良く応対出来るような気がします。

 お取引先に対しては仕事だからと思うようにしていますが、やはり人間です。

本社の担当が大変な思いをして出荷までこぎつけても一言もないと、

自分はいいけれど残念な気持になるのは仕方がないと思います。

 アルミのお取引先で急ぎになったので、なんとかその日までに納入して欲しいというご依頼があり、

本社に対応をお願いしました。色々と手配してもらい、なんとか間に合うことが出来ました。

ほっとしているところへ、お取引先のご担当者より「ありがとうございました」のお電話があり、

「無理を言って申し訳ありませんでした」との一言も言っていただき、

私も「間に合って良かったです」と気持ちよく応対することが出来ました。

 色々な事があるので、いつも希望通りというわけにはいかないと思います。

それでも相手の立場で考えられるか、どうかでずいぶん違ってくるのではないでしょうか。

同じ事を言うのでも、言い方もあるなと思いました。

「ありがとう」は自分で言っても気持ちがいいですし、言われたらもっとうれしい言葉だと思いました。





製品、製造に関するお問合せはこちらから↓

☎ 0771-23-6111

メールでのお問合せはこちらから↓