伸銅(真鍮)・アルミ形材の押出メーカーです。押出形材、棒材、加工品、材料、素材、エコ商品、お気軽にお問い合わせください。

»
»
知識の壁を越え、視野を広げる

開明ブログ ~ええもんつくろう~

知識の壁を越え、視野を広げる


 こんにちは!メェとんです。

いよいよ8月になりました!

毎日暑くて、熱中症にならないようにスポーツドリンクが手放せない私です。

皆さまも暑さ対策をしっかりとして、体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて、本日はある伸銅部門の社員のエピソードをご紹介致します。





 私は勉強することが得意な方ではありません。学生時代から勉強が苦手で成績も良くなかったです。

勉強は、就職のための過程でしかないと思っていましたので、働いてから勉強するなんて思ってもいませんでした。

 そんな私が勉強することの大切さを知ったのは、入社2年目に参加したある社内勉強会でした。

当時私は、仕事はある程度まで元気とやる気でなんとかなると思っていましたが、

しかしやはりどうしても越えられない壁にぶつかることがありました。

 それは知識の壁です。出来る仕事が増え、抱える問題も多くなります。

しかしいざ解決しようと思ってもどうすればいいか分からない、

知っていることが少ないから視野が狭くなるなんてことがありました。

その時感じたことが、このままだと自分は成長しないということです。

 そしていざ参加した勉強会ですが、普段自分が携わらない押出技術や金型技術など

他部署の仕事や問題解決の手法、5S改善などたくさんのことを教えていただきました。

 当時の私はついていくことが精一杯で、周りの方に比べればこの勉強会で吸収できたことは、

正直多くはなかったと思います。それでも周りの方を見て刺激を受けることもあり、

悔しい思いをすることもあれば、楽しいこともありました。

 得た知識でできた仕事には、素晴らしい達成感があり、勉強会に参加してよかったと思えました。

 また普段なかなか会話をする機会のない方とコミュニケーションが取れたことは、

勉強するだけが勉強会ではないということを知ることができました。

 という感じで、勉強する大切さを学んだわけで、当時の私に比べれば知識もつき、視野も広がったと思います。

今では、勉強会や研修会に積極的に参加して、色々なことにチャレンジしようと心がけています。

 それでも勉強が終わった後には頭がボケーっとして、体がフラフラになり、苦手意識は未だ顕在です。

こんな私は恐らく人一倍努力しないと知識をつけることができないと思います。

 開明伸銅には優秀な講師陣がおり、勉強会も多種多様なテーマがあり、大変充実しておりますので、

この環境を無駄にはせずにこれからも積極的に参加していきたいと思います。

そしていつか自分が学んできたことを共有し、より良い会社にしていきたいです。





製品、製造に関するお問合せはこちらから↓

☎ 0771-23-6111

メールでのお問合せはこちらから↓