伸銅(真鍮)・アルミ形材の押出メーカーです。押出形材、棒材、加工品、材料、素材、エコ商品、お気軽にお問い合わせください。

>
>
C3771

C3771(鍛造用黄銅)

 

 

 

 C3771は銅及び銅合金において熱間鍛造だけを考えた最も適した真鍮です。
C3771は鍛造用黄銅といい、複雑な形状のものに容易に鍛造でき、しかも内部組織がち密な金属結晶になっています。
鍛造組織が押出加工で充分破壊され鍛造面に沿って金属の流れが生じるため、機械的性質が非常に優れています。
また、引け巣ピンホール等の欠陥が消えるため、高圧バルブ、高度な機械的性質を要求される部品、ロータバー等に使われます。
JISでは化学成分は銅と鉛を規定し、鉛を快削黄銅の約半分にしているのです。従って、曲げ性はC3602よりC3771の方が優れています。これは熱間鍛造後には必ず切削加工を行うため鉛を規定し展延性を持たしているからです。
C3771は冷間引抜と熱間押出と二つの仕上げ方法があります。
機械的性質は引張強さ及び伸びを規定しています。

 

JIS H 3250 機械的性質

合金番号 質別 記号

径又は最小対辺距離の区分

mm

引張試験 硬さ試験

引張強さ

N/mm²

伸び

ビッカース硬さ

HV

C3771 F C3771 BE-F  6以上 315以上 15以上 -
C3771 BD-F

 

 

特性 参考値 (当社測定結果による)

合金名
工程
機械加工性
電気伝導性
%IACS
伸び
硬さ
HV5
引張強さ
N/mm2
曲げ性
すえ込み性
押出性
C3771
(JISH3250)
(鍛造用黄銅)
1
80
25.2
40
90
425
110
2
90
-
37
148
445
×
×
3
80
-
40
90
402


注:1,熱間 2,冷間 3,熱間矯正 4,焼鈍
◎最も適している ○適している  △可能である  ×不可能である
機械加工性(快削黄銅=100と仮定する) 押出性(快削黄銅=100と仮定する)

 

 

 

 

お問い合わせ
0771-23-6111
受付時間 [平日]8:15~17:00 [土・日・祝日]休み